安全衛生旗 社団法人福島県労働基準協会
法人概要
定款
役員名等
事業報告
収支計算書
正味財産増減計算書
貸借対照表
財産目録
事業計画
収支予算書
会員名簿
各種講習一覧
各種講習実施予定表
DVDの貸出
健康診断
図書・用品
トップページ
サイトマップ
平成30年度各種講習実施予定表
 
Home > 各種講習一覧 > 玉掛け技能講習の実施について

福島労働局登録教習機関登録番号第80号

第2回 玉掛け技能講習の実施について

 労働安全衛生法第61条、クレーン等安全規則第221条の規定により、事業者は、つり上げ荷重が1トン以上のクレーン・移動式クレーン、若しくはデリックの玉掛けの業務については、標記の技能講習を修了したものでなければ就業させてはならないこととされております。

 このたび、当協会では福島労働局長の登録機関として上記の講習を下記要領により実施いたしますので、受講希望者をとりまとめ、お申込み下さるようご案内申し上げます。

実 施 要 領

1.講習日程

(1)学科講習 平成30年5月10日(木) 8:50〜17:15
(2) 〃 及び試験 平成30年5月11日(金) 8:50〜16:20
(3)実技講習 平成30年5月13日(日) 8:00〜16:00
(4)実技試験 同    上 16:10〜18:10

2.講習会場

(1)学科及び試験 (公財)福島県青少年会館 2階 研修室
(福島市黒岩字田部屋53-5 TEL024-546-8311)
(2)実技及び試験 3会場に分け実施(受講第1日目に会場を示す)
第1会場  (株)福島製作所 (福島市三河北町9-80)
第2会場  協三工業梶@ (福島市佐倉下字光寿院前1-1)
第3会場  東開工業梶@ (福島市佐倉下字観音堂11-3)

3.受講料等

コース別 玉掛け経験
の有無
受 講 資 格 受 講 料 金
19時間コース
学科12・実技7
なし ●玉掛けの経験のない方
(免許等なし)
1名につき20,520円
(19,000+消費税)
テキスト代(消費税込み価格)
1,650円
合計 22,170円
15時間コース
学科9・実技6
なし ●クレーン・移動式クレーン・デリック揚貨装置運転士免許取得者
●床上操作式・小型移動式クレーン技能講習修了者 (力学・合図免除者)
1名につき18,360円
(17,000+消費税)
テキスト代(消費税込み価格)
1,650円
合計 20,010円

4.講習内容

講習別 講習科目 講習時間
  免除者
学科 ・クレーン等の玉掛の方法
7時間
7時間
・玉掛に必要な力学に関する知識
3時間 -
・クレーン等に関する知識
1時間 1時間
・関係法令 1時間 1時間
学科試験   (1時間) (1時間)
実技 ・クレーン等の玉掛け
6時間 6時間
・クレーン等の運転のための合図 1時間 -
実技試験   (2時間) (2時間)
  合計時間 19時間 15時間


5.申込先及び申込方法 窓口・現金書留・インターネット

(1)別紙申込書に、受講料(前納)を添えて  4月27日(金)までに、下記のいずれかの方法でお申込み下さい。ただし、定員に達した場合は期限前でも締切りますので、電話(024-522-4834)にてご確認下さい。
 @当協会窓口に持参
 A現金書留で郵送(申込書と受講料を郵送)
 Bインターネットで申し込む(画面の指示に従って作成)
 ●受講料を振込む場合●

〈振込先〉 東邦銀行本店
  普通預金口座No.3730591
  (一社) 福島労働基準協会
   
  一般社団法人 福島労働基準協会
  (〒960-8041 福島市大町4-4東邦スクエアビル2F)
 
※注意
・振込依頼人は、講習会番号を入れてから続けて御社名をご記入下さい。
・振込手数料は、貴社でご負担願います。
・入金確認ができなかった場合は、受講できません。
・受付確認後、受講票を発行致します。受講当日忘れずにご持参下さい。
※受講料の添えていないものおよび電話でのお申込みはご遠慮下さい。

 

(2)講習科目の受講の一部免除を受ける場合

受講の免除を受けることができる者 免 除 科 目 添付書類
1 クレーン運転士免許、移動式クレーン運転士免許デリック運転士免許又は揚貨装置運転士免許を受けた者
2 床上操作式クレーン運転技能講習又は小型移動式クレーン運転技能講習を修了した者
クレーン等の玉掛けに必要な力学に関する知識及びクレーン等の運転のための合図が免除される。
(力学及び合図)
該当免許又は修了証の写(原本との照合)及び従事証明が必要
(申込書右欄)
1 次に掲げる業務に6月以上従事した経験を有する者
(1)令第20条第6号(つり上げ荷重が5トン以上のクレーン運転)の業務
(2)第7号(つり上げ荷重が1トン以上の移動式クレーン運転)の業務
(3)安衛則第36条第6号(制限荷重が5トン未満の揚貨装置の運転)の業務
(4)第15号(つり上げ荷重が5トン未満のクレーンの運転)の業務
(5)第16号(つり上げ荷重が1トン未満の移動式クレーン運転)の業務
2 鉱山保安法(昭和24年法律第70号)第2条第2項及び第4項の規定による鉱山(以下「鉱山」という。)においてクレーン(つり上げ荷重が5トン以上のクレーンに限る。)の運転の業務に1月以上従事した経験を有する者
3 鉱山においてつり上げ荷重が5トン以上の移動式クレーンの運転の業務に1月以上従事した経験を有する者
クレーン等の運転のための合図が免除される。 従事証明が必要
1 つり上げ荷重1トン未満のクレーン等の玉掛け業務に6月以上従事した経験を有する者 特例時間で受講できる。
合図が免除される
修了証(特別教育)写と従事証明が必要
2 つり上げ荷重1トン以上のクレーン等の玉掛けの補助作業に6月以上従事した経験を有する者 特例時間で受講できる。 従事証明が必要

6.定員


70名

7.受付開始日


4月2日(月)から予約及び受付開始します。

8.修了証の交付

所定の講習科目を受け、修了試験に合格した者には修了証を交付します。

9.その他受講者に対する注意事項等

(1)受講者は会場受付にて受講票を呈示して下さい。
(2)実技は、会場別(講習第1日目に指示)に実施するが、当日は各作業服、保護帽(ヘルメット)、保護手袋(皮手)、安全靴を着用し、笛を必ず持参して下さい。
(3)昼食は各自準備して下さい。
(4)講習会当日、会場で写真撮影をいたします。
(5)遅刻、早退、一時退出者は、受講資格がなくなりますのでご注意下さい。

10

受講を取り消す場合又は変更する場合は、5月7日(月)までにご連絡下さい。連絡がない場合は、受講料を返戻できませんので予めご了承下さい。
なお、当日の変更はできません。また、有資格者の申請は、申込時までにお手続き願います。(当日は不可)

◎本講習は「建設労働者確保育成助成金」が利用できます。

【建設業(雇用保険料率1000分の12)の中小事業主への受講料(10割:被災地限定)と賃金の助成】

  • 平成29年4月1日以降の講習に助成金を活用される場合は、 原則講習の2か月前から1週間前までに計画書を申請する必要がありますので、早めの予約等ご連絡をお願い致します。
  • 初めて助成金の申請を希望される事業主の方は、管轄安定所(ハローワーク)(024-534-4121)又は、労働局職業対策課(024-529-5409)にお尋ねください。
  • ■申請用紙は「建設労働者確保育成助成金」でご検索いただき、計画書(様式第2号)と申請書(様式17号、17号別紙1)をダウンロードください。
  • ■受講証明につきましては、講習終了後申請書(17号、17号別紙1)に必要事項をご記入の上、当協会までご持参(郵送可)ください。
  • ■受講証明を受けたのち講習終了後2か月以内(ただし技能実習を行った期間の賃金支払日から支給申請期限が2週間未満の場合は、賃金支払日から2週間以内)にハローワーク又は労働局へ申請してください。
技能講習申込書ダウンロード
▲このページのTOPへ
 
法人概要 | 月間スケジュールDVDの貸出健康診断図書・用品会員名簿
一般社団法人 福島労働基準協会
〒960-8041 福島県福島市大町4-4 東邦スクエアビル2F TEL 024-522-4834 / FAX 024-521-5377
©Fukushima Labour Standards Association. All Rights Reserved.